管理職となった際の目標とは

システムエンジニアが管理職に転向すると、携わる業務は大きく様変わりします。それまでは自分のプログラミングに取り組めば良かったですが、管理職となればクライアントとの折衝やメンバーとのコミュニケーションなどに時間を割くことになります。表面的に考えてみると、システムエンジニアと管理職が目指すものは異なるように思えるかもしれません。しかし、良く考えるとその2つは、同じような目標を持っていることに気付くでしょう。
エンジニアは企画書から作られた作業手順書に従ってコーディング作業を行います。エンジニアそれぞれに、求められる成果物が提示されるのです。そしてその成果物を生み出すためにどのようなアプローチを取るのか、システムエンジニアは考えるでしょう。管理職の場合、プロジェクトメンバーにどのように作業を振り分け、開発作業を進めるかをコントロールします。そしてシステムエンジニアが求められる成果物は、管理職にとってはクライアントから求められるものと同じことを意味するのです。
つまり管理職は自分が開発に携わることはありませんが、メンバーのスキルをどのように最大限に活用すれば良いのかを考えることになります。さらにプロジェクトマネジャーとなれば、クライアントが求めるものをいかに的確に引き出すかも必要です。目標はクライアントの満足度を高める成果物を生み出すこと、そのための効率的な計画を立てることとなります。これはシステムエンジニアが技術力を駆使して成果物を生み出すことと同じです。