システムエンジニアの将来性

技術の進歩が早いIT業界においては、システムエンジニアが現役で開発現場にいる期間は短いものです。そこで、どのような将来設計を立てるのかが重要となります。開発の仕事にこだわるシステムエンジニアは、独立することを目指す人も少なくありません。企業に勤務していても、スキルの幅を広げることが難しいからです。
一般的な企業は少ない人材をどのように活用するか苦心するため、人材育成より効率化を優先する場合もあるでしょう。その場合は、エンジニアの持っているスキルに見合う仕事を優先して割り当てることになります。つまり、新しいスキルに接する機会がほとんどないため、スキルアップが難しくなるのです。一方、企業側としてはエンジニアの育成よりも、優れた管理職やプロジェクトマネジャーを必要としています。元々そのような地位に就きたがるエンジニアは少ない傾向にあるものの、企業に残る限りは管理職への道が唯一のキャリアプランとなってしまうのです。
ある程度の経験を積んだシステムエンジニアは、企業に残って管理職へと転向するか、あるいは独立してフリーランスになるかの選択肢を迫られることになります。将来性を考えるのであれば、フリーランスとして他のエンジニアとの競争の中で生き残るよりも、管理職に転向した方が安定性はあるといえるでしょう。ただし、フリーランスになってさまざまな業務を行うことで、管理能力が身に付くこともあります。その他、コンサルタントへ転向するという道も開けてくるかもしれません。